いやしの村だより2月号対談記事

会報誌にてご紹介いただきました

NPO法人JOYヒーリングの会会報誌「いやしの村だより」2020年2月号にて、
田丸先生とNPO法人JOYヒーリングの会理事長中西様との対談を掲載していただきました。

プラズマを巡る研究の履歴について、丁寧にご紹介いただいています。

いやしの村だより2月号表紙
いやしの村だより2月号表紙
いやしの村だより2月号対談記事
いやしの村だより2月号対談記事
37回勉強会フライヤー

第37回 プラズマ療法勉強会(8月)『プラズマ療法と、ミトコンドリアと一酸化窒素の関わり』

プラズマ療法勉強会が、8月27日(火)に行われます。

今回のテーマは・・・
『プラズマ療法と、プラズマ療法と、ミトコンドリアと一酸化窒素の関わり』についてです。

★18時30分から受付開始です。
★参加費:1,000円(1ドリンク付)※当日に受付で徴収します。

参加ご希望の方は8月26日までにお知らせください。
連絡先:久保木豊
Mail:kuboki@houyounet.com
FAX:050-1157-2618
TEL:090-9890-2188

●概要
講師:日本プラズマ療法研究会
理事長 田丸滋
参加費:1,000円(1ドリンク付)
場所:東京都千代田区隼町2-13
US半蔵門ビル6F第4会議室
アクセア貸会議室

アクセア貸会議室へのアクセスは下記URLからご覧ください
http://www.accea.co.jp/cr/tokyo/hanzomon/access.html
地下鉄半蔵門駅1番出口、徒歩1分

●タイムスケジュール
18:30受付
19:00〜20:30勉強会
20:30〜20:50質疑応答

プラズマウォーターに含まれる一酸化窒素の有効性

活性酸素の影響をバランスする一酸化窒素

1955年に、オットー・ワールブルクは活性酸素の害を防ぐ酵素があるのを認知していました。人が1日で体内に産む活性酸素の量は100ℓと相当の量です。これを無害化し細胞をバランスする物質が体内には準備されています。それは補助酵素(カタラーゼ、スーパーオキシターゼ、ヘルオシターゼ)三種類と、一酸化窒素です。

このバランスが壊れて活性酸素の量が増えると、細胞が正常に作動せず結果的に組織的な癌化につながっていきます。

活性酸素が多すぎることが癌に向かう体質になる問題なら、無害化できる補助酵素を薬として開発し、服用してはと現代の人なら考えるでしょう。しかし残念ながら、これらの補助酵素は構造があまりに複雑なため、とてもではありませんが人間の科学力では作ることができません。(それが常に体内にあるというのが素晴らしいことですが……)

それでは可能性の一つとして一酸化窒素なら構造は簡単だしどうだろうか。一酸化窒素は気体では猛毒で、自動車の排気ガスに代表されるNOx(ノックス:一酸化窒素の化合物)の一つです。そして、普通は水に溶けません。

 

人間の体内で一酸化窒素は生産されている

マッサージの効果

体内では、マッサージを受けた時に痛みが緩和したり、リラックスした状態になったりするのが一酸化窒素の効果です。

1998年、アメリカの内科医で薬理学者のフェリド・ムラドらの共同研究で、体の部位の一部を押すと圧迫された血管の血管壁から一酸化窒素が出て血管が拡張し、血流を促進することができることを発見しました。この発見は、医学的に大変驚くべきことでした。なぜなら、血流を改善すれば、ほとんどの病は改善するからです。(東洋医学の範疇でも、血流の良いのは、さまざまな病気を改善することが言われています)

この発見で、フェリド・ムラドらはノーベル生物学賞・医学賞を受賞します。

製薬会社は、彼らのノーベル賞受賞の件をうけ、こぞって一酸化窒素の製品化を試みます。ところが、先ほどいったとおり一酸化窒素は水に溶けずに気体のままでは猛毒です。結局、一酸化窒素を溶かす技術を見いだせないまま、各製薬メーカーは開発をやめてしまいます。

 

雷が落ちた瞬間に一酸化窒素

ところで、一酸化窒素は植物たちにも影響しています。

落雷のイメージ

昔から、雷がよく落ちるとその年は豊作だと言われています。これには理由があって、雷の影響で、空気中の一酸化窒素が地中の水分に溶け、地中の微生物が元気になり、植物の根に栄養供給が十分に行くのです。植物の根っこには細菌がいて、細菌が食べて分解し吐き出した物質(ようは排泄物ですが…)を、吸収して植物が育っているので、細菌たちが元気になると豊作になるのです。

これについては、私たちの腸と一緒で腸内細菌を食べて分解したものしか私たちは栄養として吸収しません。

 

一酸化窒素(NO)にはアポトーシスを促す作用も

一酸化窒素にはアポトーシスを誘導する作用もあります。

ミトコンドリア内にある電子伝達系は、私たちのエネルギーを作り出すところでもありますが、アポトーシスを促す酵素が生み出すスイッチの役割を果たしています。

電子伝達系には複合体Ⅰ~Ⅳがあり、水素イオンを汲み出して、同じようにして取り出した電子(e-)を次の複合体へ渡す仕事をしています。

複合体のうち複合体Ⅲがアポトーシスに作用します。

複合体Ⅲの構造は、構造は三層になっており、上からシトクロムCとBとつながっています。シトクロムCとシトクロムBは中心にヘム鉄(Fe)を持っています。血液中のヘモグロビンはヘムを持っていますが、それと同じ意味の鉄(Fe)です。

ヘム鉄は、二つの電子をもっているのか(二価鉄)、三つの電子をもっているのか(三価鉄)の差でプラスとマイナスの差があり、通常だと磁石のようにくっついています。細胞がアポトーシスをするときには、電圧が上がるシトクロムCの二価鉄が三価鉄になり、シトクロムCがシトクロムBと磁石のS極とS極を合わせると反発するように、反発して遊離します。この時に、アポトーシスを促す酵素が出ます。正常に機能していない場合には、電圧が上がらず、アポトーシスは進みません。

一酸化窒素(NO)は、このシトクロムCのヘム鉄と反応を起こして崩壊させます。そして、シトクロムCが遊離させ、正しくアポトーシスを起こします。

 

プラズマウォーターには一酸化窒素

プラズマウォーターは、プラズマ(高電圧放電)を非接触で打ち込んで、空中の一酸化窒素を水の中に入れることに成功しました。

一酸化窒素の効果は前述のとおりで血行が促進されます。体内の炎症を軽くする役割もしています。

 

プラズマ療法で使うのは、主にはプラズマウォーター

プラズマパルサーですが、プラズマパルサーが装置のために「装置にかかる」という行動の意味で非常に分かりやすいのですが、実はプラズマウォーターを飲み続ける方が大事です。プラズマパルサーはトリガーだと考えてください。

遠方の方でプラズマパルサーにかかれない方は、プラズマウォーターだけでも飲みたいという方もいらっしゃいます。

第35回 プラズマ療法勉強会(6月)『プラズマ療法と、DNAリガーゼと免疫』

プラズマ療法勉強会が、6月25日(火)に行われます。

今回のテーマは・・・
『プラズマ療法と、DNAリガーゼと免疫』についてです。

★18時30分から受付開始です。
★参加費:1,000円(1ドリンク付)※当日に受付で徴収します。

参加ご希望の方は6月24日までにお知らせください。
連絡先:久保木豊
Mail:kuboki@houyounet.com
FAX:050-1157-2618
TEL:090-9890-2188

●概要
講師:日本プラズマ療法研究会
理事長 田丸滋
参加費:1,000円(1ドリンク付)
場所:東京都千代田区隼町2-13
US半蔵門ビル6F第4会議室
アクセア貸会議室

アクセア貸会議室へのアクセスは下記URLからご覧ください
http://www.accea.co.jp/cr/tokyo/hanzomon/access.html
地下鉄半蔵門駅1番出口、徒歩1分

●タイムスケジュール
18:30受付
19:00〜20:30勉強会
20:30〜20:50質疑応答

ミトコンドリア癌起因説

ミトコンドリア癌起因説

ミトコンドリアの役割

ミトコンドリアの遺伝子異常が、癌の原因の一つになっているというのを知っていますか。

ミトコンドリア癌起因説、「ワールスブルク効果」という学術的推論が発表されたのは1955年のことです。
今は2019年ですから、かれこれ64年前のことになります。

ノーベル賞

この仮説を発表したオットー・ワールベルク博士は、腫瘍の代謝と癌細胞の呼吸の研究をしていました。
その功績が認められ1931年に「黄色酵素の性質と製造法の発見」でノーベル賞を受賞します。
その後、1955年に、癌化する細胞の呼吸の仕組みについて発表します。
実験の内容は、細胞を無酸素状態にして細胞がどういう変化をしていくか調べるというものでした。
細胞内のミトコンドリアは、もともとは嫌気呼吸の生き物ですから、
無酸素状態の環境にされて酸素がなくなると、生き残るため
自分がかつて持っていた嫌気呼吸(発酵)を使い始めていたのです。
そして、元の酸素のある環境に戻しても、多くの細胞は壊死するのですが、
ごく一部が、切り替わった嫌気呼吸を昇進させて使って生き残りました。
これが、普通の健康的な細胞に影響して、癌組織となるのです。

ワールスブルクの学術的推論が日本の研究科チームによって立証される

 

遺伝子

その後、検査機器の発達により分子レベルで細胞が解明され始めました。
発表時から53年たち、2008年、素晴らしいことに日本の研究チームが、
オットー・ワールベルクの説を立証する形になりました。
筑波大学の林純一教授のチームが、がんの転移能獲得という細胞の悪性化に
ミトコンドリアが関与していることを立証したのです。
ミトコンドリアの遺伝子(mtDNA)は約16.5Kbp(キロベースペア:約16,500塩基対)あり、
対してヒトの遺伝子の数は約3Gbp(ギガベースペア:約30億塩基対)あります。
同じ一つの塩基が損傷したと考えると、mtDNAとヒトのDNAでは、数十倍も受けるダメージの差があります。
しかし、ミトコンドリアのDNAは影響力が強く、ヒトの核DNAに影響が出てくるのです。
mtDNAの突然変異によって、がん細胞になっていき、さらには癌の組織化を誘導しうることをあきらかにしました。
これによりミトコンドリアが、ATP合成以外の生命現象にも関与することを明らかにしています。

死を持たないのが単細胞生物

地球上の8割の生物は死を持ちません。
もちろん、環境が変わったり、力が加わったりした物理的な死はありますが。
私たち多細胞生物のような自己死、アポトーシスという機能は単細胞生物にはないということです。

アポトーシスとは、ギリシャ語のapo(離れて)とpotosis(落ちる)の合成語で、
「枯れ葉が木から落ちる」という意味があります。

足の生えたおたまじゃくし

アポトーシスの代表的な例は、オタマジャクシがカエルになるときに尾が消えることや、
ヒトの赤ちゃんがおなかの中にいるとき、水かきのような手から、手指に成形されていくときに、
指と指の間にあったものがなくなっていくときなどです。

通常、単細胞生物Aは、細胞が分裂してA1、A2となり、A1もA2も生き残ります。
ところが、多細胞生物の場合は、細胞Aが分裂するとA1は自己死してA2だけ残る仕組みになります。
これは個を守るためで、例えば、私が半年に一度分裂して、1年後さらに二人になったら困りますからね。

アポトーシスの指示を出すのは、ミトコンドリアです。
ミトコンドリアは死をもってそれぞれの細胞を統制し、生命体としての個を維持しているのです。
そのため、ミトコンドリアのDNAが異変を起こすと、上手にアポトーシスせずに、
残してはいけない間違った細胞が残ることがあるのです。
これが、癌化した細胞が疾患としての癌になっていく始まりになります。

ミトコンドリアという小器官は、
エネルギーを生み出したり、細胞の統率をしたり、自分が困った状態になると他の細胞を巻き込んだり、
とにかくいろいろと仕事が多いのですが、
へそを曲げると大変なことになる小器官なのです。

ATPってなんだろう

ATPってなんだろう

ATP(アデノシン三リン酸)ってなんだろう

科学に興味がない人は、聞いたことがないと思うかもしれませんが、学校の理科では習うことです。
苦手な科目で先生がつまらないと、授業は寝てしまいますからね。
健康を維持するうえで、かなり重要です。

元気な男性

ATPってなんでしょう。ATP(adenosine triphosphate)はアデノシン三リン酸という物質です。
すごくエネルギーがあり、私たち生物は、このエネルギーを使って動いています。
ATPの中のアデニンという物質は、私たちの遺伝子を構成する物質のひとつです。
20歳をピークに40歳で半分、60歳で三分の一と、体内のATP量は落ちていきます。
ATPは食べ物だけでも変化があるので、非常に実際に測るとなると困難で、一般的には取り扱っていません。
しかし、分かる範囲でも、20代と60代ではエネルギーの高さとか、新陳代謝の良さが違いますよね。
それが、そのまま、ATP量だと。

ATPは、ミトコンドリアの電子伝達系というところで発電され、
小器官に渡されて、一つリン酸を手放しADPになり、
またミトコンドリアに戻ってATPになります。
ATP(adenosine triphosphate)はTはトリ(tri)で三つという意味。
ADP(Adenosine diphosphate)は、アデノシン二リン酸。Dはデ(di)。二つという意味。
それで、小器官に行って一つリン酸を手放してアデノシン二リン酸になり、
ミトコンドリアに戻って一つリン酸をくっつけてアデノシン三リン酸になり、
また小器官に行ってリン酸を手放し、またなくなったよ、とミトコンドリアに戻ってリン酸をくっつけて、と、
そういう風にぐるぐると回してエネルギーを循環させているのです。

ATPのはたらき

電子伝達系、ATP合成酵素

ATPを最大に生み出すエンジン部分は、ATP合成酵素と言います。
ATP合成酵素があるのは、ミトコンドリアの内膜です。
この内膜をマトリクスと言います。
裏と表があり、食べ物から酸素を使って酸化し、水素イオン(H+:プトロン)を取り出して、
ミトコンドリア内膜に送ります。
そうして、H+の濃度格差を利用して、水力発電と同じようにモーターを回して発電させます。
この吸い上げる呼吸器とATP合成酵素のことを、電子伝達系と言います。

ATPを生むATP合成酵素は、本当に発電機のような形状をしています。
タンパク質で、くるくる回って車のモーターのように発電しています。
人間は発電機を発明して良い気になっていましたが、実は体内の細胞内には、
膨大な数のナノレベルの発電機を持ち合わせているのです。

電子伝達系では、活性酸素が発生します。
どれくらい発生しますかというと、1日100リットルです。
よく、活性酸素は体に悪いということが言われますが、
私たちは酸素を使う生命体なので、活性酸素は生まれるのです。
しかし、体内には活性酸素を打ち消す酵素などを持っています。
ただ、活性酸素が多すぎるとバランスが崩れると、最終的には私たちの健康を害する結果になります。

ATPってどんなレベルのエネルギーなのか

ATPってどのくらいのエネルギーを持ち合わせるのか、というと、
たとえば、私たちが人の形を成すとき、まず、受精卵が作られますね。
精子は、途中で栄養補給もせずに卵子にたどり着きます。
精子には頭の部分と尾っぽの部分があり、尾っぽを動かして移動します。
尾っぽの根っこの稼働部分に、ATPが巻き付いていているのがわかっており、
これが精子の活動エネルギーになっているのです。
人の精子を人の大きさをとらえると、精子が卵子に到着するまでの距離は、
人が太平洋の端から端までの泳ぐ距離に匹敵します。
太平洋の端から端まで、栄養を補給せずに一気に泳いで渡すのです。

蛍の光にもATP

そして、ATPは光に変化することがあります。
毎年、初夏に現れる蛍の光は、とてもきれいです。
実は、蛍の光るお尻にもATPが関係しているのです。
蛍にはルシフェラーゼという酵素があり、この酵素がATPと反応して光を発しているのです。
蛍がもつルシフェラーゼという酵素は、ATPを発見する装置の検査試薬に使われています。
微生物にはATPが含まれているので、反応していれば微生物が生きているかどうかがわかりますからね。
人の卵子も、精子と受精するときに淡い紫に発光します。
発光のエネルギーとなるのは、精子のATPのエネルギーだろうと考えられています。

プラズマ療法は、活性酸素を生まずにエネルギーを作る

エネルギーを生み出す時に、活性酸素が生まれるというのは仕方のないことですが、
多すぎると好ましくありません。
プラズマ療法で扱うプラズマウォーターとプラズマパルサーは、
この活性酸素を発生させずにエネルギーを得てATPを増加し、
ミトコンドリアの活動を活発にしようと設計したのです。

ミトコンドリアってなに?

ミトコンドリアって何?

ミトコンドリアって何? いろんな生物と体内で共生。生かされている人間。

科学

科学は事実確認をする学問

科学は事実確認をする学問ですが、世の中を100%とすると95%も世の中を分かっていません。
しかし、その5%の発見で、私たちは、テレビを使ったりパソコンで仕事をしたり、飛行機や電車に乗ったり、スマートフォンをいじったり、高層ビルを建てたりと、便利な生活をしているのです。
これは、事実確認ができたうえに、可能な範囲で作り上げてきた結果です。

プラズマ療法は科学の分野から誕生しました。「プラズマ療法」で目指しているのは、
細胞内にある小器官であるミトコンドリアの活性です。
これにより人を健康に導くことが可能であるとの考えからです。

ところで、ミトコンドリアって体にどんな働きをしているか分かりますか。
そう言われてもピンとこない人もいるでしょうから、今回は、ミトコンドリアの紹介をしようと思います。
実は人間は、他の生命体と共生し、彼らによって生かされているのです。

ミトコンドリアとは。

ミトコンドリア

ミトコンドリアというのは細胞内にある小器官です。
この小器官は、私たちの一つの細胞に300個以上多いところで1000個以上(私たち人の細胞は、諸説あり37~60兆個あるといわれています)存在します。
腕を動かしたり、歩いたり、考えたり、私たちが活動するために使うエネルギーを、
すべて作り出しているのがミトコンドリアです。

長い長い地球生物の歴史をさかのぼると、元はロドシュードモナスという単細胞の生物だったといわれています。
かわいいピンク色をしています。ロドシュードモナスのロドは「緋色」という意味で、
日本名は緋色非硫黄性細菌といいます。
だから、人の体でもミトコンドリアの多い器官は赤いのですよね。
例えば、心臓とか筋肉とか、赤い箇所がありますよね。

ミトコンドリアのもとのロドシュードモナスはどうして多細胞生物に寄生したのか

ロドシュードモナスは、25億年以上前の地球上にまだ酸素がない時期に生きていた生物で、
酸素呼吸はできません。ところが、25億年前のある日、なぜだか理由がわかっていませんが、
植物プランクトンが大量発生して光合成を始めます。
そのため地球上には今までない「遊離した酸素」が大量に大気中に充満しました。
酸素は、ほかの物質にくっつきやすい傾向があります。
たとえば鉄は酸素がくっついて錆びますが、あのような状態で、ほかの物質にくっついて存在していたのです。
それが、光合成した植物性プランクトンから発生し、単独で遊離した酸素の状態で、空気中を漂い始めたのです。
しかも大量に。
私たち人間は酸素を使う生命体なので、酸素は安全なものだと錯覚しているのですが、
酸素は本来猛毒です。
今の空気にある酸素濃度は20%ですが、これが倍の40%になると肺は酸素が吸着し焼け死んでしまいます。
鉄が酸化して錆びるように。

驚いたのは、ロドシュードモナスでした。酸素が充満した中では、生きていけないからです。
そうして、生きていくのができなくなったロドシュードモナスは、空気が届かない地下に逃げるか、
海底3000メートルの海底に逃げました。
それでも、逃げ遅れたものがいました。
彼らがどうしたかというと、隣にいた他の生物の中に、逃げこんだのです。
命がかかっていますから、ものすごく必死だったんでしょうね。

ちなみに今でも、地下に逃げ込んだタイプのロドシュートモナスには、出会うことができます。
日本では、田んぼを1mくらい掘ると、ロドシュードモナスが出てくるんですよ。

ATPというエネルギー

ロドシュードモナスと他の生物と違う点は、ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを持っていることでした。
このエネルギーはとても大きくて、それまでの細胞とは違うことが起こりました。
自分の意思で、動くようになったのです。
これが、動物という生命体の誕生です。

動きはじめると、問題が起こります。
動くのはエネルギーをとても使いますから、お腹がすきます。
エネルギーがなくなるとどこからかエネルギーを調達してこないといけません。
どこから調達すればよいのか。
簡単なことでした。隣の単細胞生物を食べてしまえばいいのです。
そうして、隣の生命体をパクンを食べたのです。
実際には食べたといっても包み込むようになるのですが、そうして食べたものは、
細胞内で溶かされて、必要なものを取ったあと、無駄なものは排出していまいます。
私たちが食物を食べて、排便するのと同様にです。
これは、恐るべきことに捕食の始まりです。

生物たちは、食べられて解け食べられて解けを繰り返していましたが、
あるとき、食べられても解けない生物が現れました。どうしようか。
解けない生物は細胞内で役割分担をはじめ共生することになります。
これが多細胞生物の始まりです。
これが、私たち多細胞生物の祖先になります。

エネルギー担当のミトコンドリア

私たちの細胞に一つ300以上あるミトコンドリアは、このように、もとは別の生物でした。
ミトコンドリアのもつATP(アデノシン三リン酸)という、エネルギーは今私たちが使っているエネルギーで、
それを生み出す担当をしているのです。
その他、ミトコンドリアはまだ重要な役割もしていくので、おいおい紹介していく予定です。

プラズマ療法では、ミトコンドリアを元気にして、細胞レベルから人体の健康を目指した療法です。

201905028第34回プラズマ療法勉強会

第34回 プラズマ療法勉強会(5月)『プラズマ療法と、遺伝子と癌』

プラズマ療法勉強会が、5月28日(火)に行われます。

今回のテーマは・・・
『プラズマ療法と、遺伝子と癌』についてです。

★18時30分から受付開始です。
★参加費:1,000円(1ドリンク付)※当日に受付で徴収します。

参加ご希望の方は5月27日までにお知らせください。
連絡先:久保木豊
Mail:kuboki@houyounet.com
FAX:050-1157-2618
TEL:090-9890-2188

●概要
講師:日本プラズマ療法研究会
理事長 田丸滋
参加費:1,000円(1ドリンク付)
場所:東京都千代田区隼町2-13
US半蔵門ビル6F第4会議室
アクセア貸会議室

アクセア貸会議室へのアクセスは下記URLからご覧ください
http://www.accea.co.jp/cr/tokyo/hanzomon/access.html
地下鉄半蔵門駅1番出口、徒歩1分

●タイムスケジュール
18:30受付
19:00〜20:30勉強会
20:30〜20:50質疑応答